2018年07月16日

新しく開発したい芸に関する、ちょっとしたメモ

 ・まずは、次のように述べる。
 「ニセ科学問題ってなんだろう? 中立の傍観者を名乗りながらも、ニセ科学を全面的に擁護するという問題かしら?」
 「あるいは、ネット上には役立たずのニセ科学批判者しか居ないのでウンザリです、という問題かしら?」
 「世のニセ科学批判者の皆さん、本当のところを教えてくれませんか?」

 ・これを聞いたニセ科学批判者たちが、参考になる記事をいろいろと教えてくれる。
 ・それに対して私は、「そんな記事を読むことは望んでいない、そもそもあなた方はお呼びでない、すぐに帰ってくれ」と返事する。

 ・ニセ科学批判者たちは、「あかん、科学的な議論どころか、普通の議論さえ無理なお人やった」と言って去る。
 ・勝利宣言する。「あの者たちは、有意義な話を私にひとつも語れなかった。やはりネット上には、無能なニセ科学批判者たちしか居ないのだ」
 ・ミッションコンプリートである。

 以上のような、オリジナルの芸を開発しておきたい。
 (この記事は、以下のtogetterまとめを読んだあとで作りました)
想田和弘氏『いまの日本は政治学的にも事実上の「一党独裁」…政治学者の皆さん、異論ありますか』という問いを受けた議論 - Togetter

2018年07月07日

ちょっと気になるネット上で見かけた記事に関するメモ、その18

シートベルトは死亡を防がない? ニセ科学を見抜く練習問題シリーズ - NATROMの日記

(記事のコメント欄からNATROMさんのコメントを一部引用)
という質問にお答えください。「はい」か「いいえ」で済むと思いますが。

 【私の感想】「不利な議論でも完全な負けに追い込まれることのない自分を達成したいな……」と思った場合、「はい」か「いいえ」で答えることは、一番してはいけない行為なのである。

 「はい」か「いいえ」で答えるかわりとして、「微妙にずれた話を持ち出す」という行為を選択するのである。しかも、繰り返すのである。
 すると相手は、「とうてい私の手に負える御方ではない」と判断して議論から去るので、自分の完全な負けがなくなるのである。

 「いや、そのような言動は自分の信用を落とす行為だから、素直に『はい』か『いいえ』で答えたほうが良いのでは?」と思った読者様は、この方法を実行すると確実に失敗するのでやめておこう。

NATROMさんのツイート
@nagaya2013 nagayaさんが何を言っているのかを把握しないと、論点と関係あるかどうかを判断できないんです。自分勝手な造語を使う人が相手なので、まずは言葉の意味から確認しなければなりません。

 【私の感想】なるほど、議論が不利になってきたら自分勝手な造語を述べて相手の気を逸らすという方法か。見たことのない方法なので、要メモ。

NATROMさんのツイート
「医学的知識は皆無ですし、医学を志す気もない一般人」の人から、「従来の知見のとらわれすぎ」というありがたいアドバイスをいただきました。

 【私の感想】ふむ、これは議論の相手が医学の専門家ならば確実にツッコミをもらえるよいボケ方である、要メモ。

NATROMさんのツイート
@kawalle 「スティーブンス・ジョンソン症候群は疫学で発見された副作用ではありません」とおっしゃったのはkawalleさんです。いまさら「ちがうんですか?」じゃないでしょ。疫学以外のどんな方法で発見されたのかkawalleさんが説明すべきでしょう。それとも知ったかぶりだったんですか。

 【私の感想】なるほど、自信たっぷりに断言したあとで「ちがうんですか?」と相手に問うというボケ方があったのか。斬新なボケ方なので、要メモ。

NATROMさんのツイート
@kawalle 『「有害事象が報告されたから被害がある」という主張が間違っている』というごく基本的な事項についてすら同意する気がないということは、kawalleさんは「意見交換して認識を共有してなるべくなら合意に至ろう」という気が全くないのですね。私にはあるのですが。

 【私の感想】この場合、kawalleさんが「目先の勝ちを追い求める」というスタンスで議論していたならば、合意に至る理由は一つもないために、NATROMさんも「そうなのか? そういうことなのか?」という台詞を述べて納得してほしい。
posted by TAKA at 11:31| ニセ科学批判批判に関するネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

ちょっと気になるネット上で見かけた記事に関するメモ、その17

NATROMさんのツイート
 知らんぷり決め込むどころか、「この匿名のお医者さん[なとろむ]は,私がいくら文献をあげても,その文献の内容を無視し続ける」だよ。どういうことだよ。 https://twitter.com/SciCom_hayashi/status/781325119205609473

 【私の感想】なるほど前フリとして、「議論の相手から示された文献の数々を一切読まない」という態度を見せておき、「相手は私が示した文献を何一つ読もうとしませんでした、読めば自説の不利が明らかになると思って拒否しているのでしょう」と述べてオチとする方法か。
 オチにたどり着くまでに少し時間は掛かるが、確実にツッコミがもらえる良いボケ方である。

NATROMさんのツイート
 @sivad それから、「うへぇ」とか「ご苦労さん」とかだけで具体的にsivadさんが反論しなかった(できなかった)問題について、「エントリ立てて批判」していただけるお約束だったはずが、3ヶ月経ってもまだのようです。まだ書く気はおありになるのでしょうか?

NATROMさんのツイート
 @sivad 「うへぇ」とか「ご苦労さん」とかだけで具体的にsivadさんが反論しなかった問題について、「エントリ立てて批判」していただけるお約束ですが、半年経っても約束は果たされていません[ https://twitter.com/NATROM/status/4081876563767298…… ]。いつまで逃げるおつもりで?

 【私の感想】これは次のようなボケ方か。
 ・NATROMさんの「化学物質過敏症に関するツイート」を読んだあと、「うへぇ」とか「ご苦労さん」とか「うわぁ……」というリアクションを見せる。
 ・NATROMさんから、「具体的な反論はありませんか」と言われる。
 ・答える。「はい、のちほど自分のブログで記事にして公開します、ご期待ください」
 ・それから半年が経過する。
 ・NATROMさんから、「具体的な反論を記事にして公開する件はどうなりましたか」と言われる。
 ・答える。「それよりも林衛さんの疑問に答えてあげたらどうですか、最近公開したNATROMさんのツイートの内容が自己矛盾に陥っているように見えたらしいですよ」

 「具体的な反論は自分のブログで記事にして公開します」と言って半年ほど公開しないという芸であるが、第三者には今ひとつ分かりにくい芸なので(議論の当事者でもない第三者は半年も時が過ぎると忘れてしまう)、自分自身でツッコミどころを説明しなければいけないという難点がある。
 sivadさんだからこそ成功できた芸といえる。

NATROMさんのツイート
 morecleanenergy ご自分でも論理的に説明できないことを薄々ご自覚しておいでで、ゆえに「それは説明した」とツイートを紹介することぐらいしかできないのではないですか。

NATROMさんのツイート
 morecleanenergy 二つのツイートを合わせても、クリエネさんの主張は理解できません。「クリエネさんはこういう誤解に陥っているのであろうなあ」という推測ならできます。ただ、それを指摘しても、「そうは言っていない、議論にならない」と逃げるだけだろうと思いますが。

 【私の感想】なるほど、議論の流れが不利になってきたら、過去の自分のツイート群からいくつか適当に拾ってきて相手に示し、「このように以前にも説明していますが、いまだにあなたは理解できていないので話が進みません」と述べて議論をイーブンに持ち込む方法か。
 この言動を何度か繰り返すと相手は呆れて去るために、自分の完全な負けは実現しないという理屈だ。
 よく練られた方法なので、よく思考にインプットしておこう。
posted by TAKA at 16:41| ニセ科学批判批判に関するネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月24日

ちょっと気になるネット上で見かけた記事に関するメモ、その16

「臨床環境医」 - Interdisciplinary

 【私の感想】なるほど、前フリとして「臨床環境医」という言葉を自分のツイッター上で何度も使用したあと、日本語版Wikipediaの「化学物質過敏症」の項のノートで、「臨床環境医などという名称は存在しない、これを言っているのはNATROMさんだけ」と述べてオチとする方法か。
 オチを公開する場所のチョイスが特殊ですごいと思ったので、忘れないうちにメモ。

代理人を身代わりにする施術@NAET - NATROMの日記

記事のコメント欄からNATROMさんのコメントを引用
 さすがtontonさんですね、素晴らしいコメントありがとうございました。確かに、この世の中には、進化生物学についての教科書や論文を読まず、ブルーバックスをたよりに「専門家であるほど、物事の本質を理解できない」などと言って自分流の進化論をブログに書くような人もいるわけですので、NAETを信用する人がいることぐらいで驚くべきではなかったです。

 【私の感想】なるほど、「ブルーバックスを根拠にして世の進化生物学者たちに物申す」という芸があったのか。
 なかなか簡単にはできない芸だが、「Yahoo!知恵袋を根拠にして主流の進化論に物申す」という芸ならば私にもできそうなので、検討しておく。

NATROMさんのツイート
 e8oさん以外の人から説明を求められてませんもの。e8oさん以外のたいていの人は、いまさらいちいち説明しなくても南堂さんがトンデモであることがわかっているんです。

 【私の感想】このように、一度や二度ならばともかく、長きにわたって科学的に変な主張を繰り返していると、主張の中身を吟味されることなく、「ああ、また何か言っているようですね」という感じで軽く扱われてしまうのである。
 ましてや同時にダメなニセ科学批判批判まで行っていると、倍の軽さとなってしまう。
 進化論や量子力学の分野で勝てる見込みがひとつもないと悟った際は、せめてニセ科学批判批判の分野だけでもマシなものを見せつけよう。

はてなブックマーク - bouzu_3さんのツイート @NATROM @nagaya2013 このように「疫学を学べ」バリアを敷設するわけです。 いつもながらの手法ですね。 (困れば逃げ込む権威の砦) https--t_co-1bNv9I9smG

 【私の感想】たしかに当時のNATROMさんは、「なかなか理解してもらえない、どのように話せば伝わるのだろうか」と困っていたようだ。
 ところで私の場合、「専門家に向かって自信満々でダメ出しして返り討ちにあうと、急に無知をアピールし始めて開き直る科学素人の砦」だったりする。

NATROMさんのツイート
 @bouzu_3 『「検診してもがん死がゼロにならないなら検診するな」という主張は私は見たことないのですが、具体的な実例はありますか?』という質問に答えがないようです。「検診してもがん死がゼロにならないなら検診するな」と主張した人は現実に存在しないと判断いたします。

 【私の感想】この場合、次の釈明の仕方が可能である。
 「それでも……それでも私の心の中では……そのように主張する人が……存在するのである!」

 これを聞いた相手は、「なんとなくかっこいいセリフなのだ」と思ってくれる。

NATROMさんのツイート
 @Puku_Pukuro 理解しております。むしろ、ぷくろうさんのほうこそ、ご理解しておられますか?そういうことをちゃんと理解している人は、「定期接種」と「強制接種」をごっちゃにした発言をしません。「定期接種に戻す」と「接種勧奨をスタートする」を取り違えたりもしません。

 【私の感想】なるほど、「定期接種」と「強制接種」をごっちゃにして語ったあと、「NATROMさんは全然わかっていない」と述べて、「そうそう、さっきごっちゃにして語ったのは私です、まことにすみませんでした、って違うでしょ!」と乗りツッコミを誘う方法か。
 分かりやすいボケ方なので、別の議論の場で使用しても乗りツッコミがもらえそうである。

NATROMさんのツイート
 @Puku_Pukuro ぷくろうさんは根本的に勘違いされておられます。裁判を起こすことを禁止したり、妨害したりはしてはダメですが、裁判を起こすことの是非を他人がとやかく言ってもいいんです。それこそ憲法で認められた権利ですよ。

 【私の感想】これは次のような考え方か。
 ・池田元教授が裁判を起こしたことについて、直接の関係者でもないNATROMさんがとやかく言うのは、許されない。
 ・そういう自分も直接の関係者ではないが、同じ立場のNATROMさんに対してとやかく言っているだけなので、許される。

 ふむ、「あの件について直接の関係者でもない人にとやかく言う資格はない」と主張して相手を牽制して、不利な議論をイーブンに持ち込む方法か。
 「いいえ、あなたこそとやかく言わないでください、私にだって言論の自由がありますから」と言い返してくる人が相手のときはともかく、「あれ? そうかもしれないな? では、永遠に黙っていようかな?」というタイプの人には効果がありそうだ。
 万能とは言いがたい方法であるが、「なんとしても自分の負けを防がねば!」という追い込まれた状態のときに試してみるのも有りである。
posted by TAKA at 09:56| ニセ科学批判批判に関するネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月23日

ちょっと気になるネット上で見かけた記事に関するメモ、その15

NATROMさんのツイート
 @natu161616 「性根の腐った人間」という言葉は揶揄する為に使用しているのですか?「トンデモ」は使用するべきではないのに、「性根の腐った人間」という言葉を使用してもよい理由は何かありますか?

NATROMさんのツイート
 @natu161616 「揶揄の意図は全くありません。敢えて言うなら嘲弄ではなく注意喚起の気持ちを込めていますね」とでも言っておきましょう。「性根が腐っている」が問題ないのであれば「トンデモ」も問題ないと思います。

NATROMさんのツイート
 @natu161616 Wikipediaの「トンデモ本」の項の使い方とは異なる使い方をしているというだけの話です。また、「性根が腐っている」で笑う人はいなくても、侮蔑的な言い方であることには変わりありません。嘲笑がダメで侮蔑がOKというのは理解しがたいです。

 【私の感想】これは次のような考え方か。
 ・性根が腐っているという言葉について自分は「ただの注意喚起であり、嘲笑の意味が含まれていないので、他人に向かって使用しても何ら問題はない言葉」と考えている。

 ・NATROMさんが述べるトンデモという言葉について自分は「嘲笑の意味しか含まれていないので、他人に向かって絶対に使用してはいけない言葉」と考えている。

 ・ゆえに、NATROMさんはトンデモという言葉を今すぐに封印すべきという理屈になる。

 なかなか便利な考え方である。色んな議論で色んな相手から「さきほどから口癖のように述べている言葉、完全に嘲笑の意味で使っていますよね?」と言われても、「注意喚起の言葉であり、嘲笑の意味は含まれていないと自分は考える」とお返事すればよいわけだ。
 ただし、同じ論理で相手も嘲笑の言葉をこれでもかと送ってくる可能性があるので、気をつけて実行しよう。

NATROMさんのツイート
 @natu161616 「返答がないまま他の発言があった」としても、都合が悪いからスルーしているとは限りません。返答するのに時間がかかる場合や、重要性が低い場合には、他の発言を先にすることもあります。

NATROMさんのツイート
 @natu161616 「なつさんは輸血の有効性についてどのようにお考えですか?」という質問に答えがないようです。「重要性がない」となつさんがお考えになられたから回答がないのだろうな、と私は考えます。それとも、なつさんは「都合が悪いからスルー」されたのでしょうか?

 【私の感想】なるほど、議論の相手が質問を無視したときは、「都合が悪いから無視しているのだ」と述べて、自分が相手の質問を無視したときは、「重要性はゼロと判断して答えなかったにすぎない」と述べて勝つ方法があったのか。
 この論理が通るならば、どのようなお題の議論でも自分の一人勝ちが達成できるわけだ。お得な方法なので、急いでメモ。

NATROMさんのツイート
 @iPatrioticmom iPatrioticmomさんが質問から答えずに逃げるのはご自由ですが、私の発した質問は、質問の呈をとっていますがiPatrioticmomさんの論の矛盾点や誤りの指摘であることはご理解していますよね?

NATROMさんのツイート
 @iPatrioticmom 「お前の論は間違っている。具体的にはこの点とこの点とこの点」と指摘されておきながら、「これ以上あなたに話す意味を感じない」と言ってその指摘に反論しないままであるわけです。この点をお忘れなく。

 【私の感想】なるほど、議論の相手に自信満々でダメ出ししたものの、「実は自説が間違っていました」という場合、相手の質問をしばらく受け流したうえで、「もはやあなたと話す意味はないと私は判断した」と述べて議論を去る方法か。
 不利な議論をイーブンに持ち込んで終わる方法としては今ひとつの気がするが、相手に「まともな議論の形成は不可能な人」と思ってもらうことを目的とするならば効果的といえる。

NATROMさんのツイート
 @sivad 「論文がないから被害がない、というのはバカげている」と私も思います。というか、どなたか「論文がないから被害がない」などと主張したのでしょうか?

sivadさんのツイート
 問題の性質を判断できないのだろうなあ。

sivadさんのツイート
 筆が滑ってしまっても訂正できる人もいれば、訂正できず取り繕ううちどんどんドツボな人もいる、ということでしょうかね。

 【私の感想】たしかに、ネット上で他人と議論を行ってなかなか相互理解に達しない場合の原因として、問題の性質を判断できないことだったり、筆が滑ったコメントを訂正しないでそのまま押し通す行為にある。
 ただし、「議論の相手から笑いを取りたいな」と思った際は、好き放題に筆を滑らせてドヤ顔で締めくくってよい。
posted by TAKA at 11:00| ニセ科学批判批判に関するネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月22日

ちょっと気になるネット上で見かけた記事に関するメモ、その14

はてなブックマーク - ゆたんぽ!さんはTwitterを使っています 「ニセ科学批判者」=「人間のクズ」 と思っておけば、ほぼ間違い無さそう。

 【私の感想】惜しい。ちょっと違う。ネット上におけるニセ科学批判者たちの活動は、「自分の畑にいつのまにか葛が蔓延っていたので、手鎌でせっせと刈り取っている状態」とイメージするのが正解である。
 あるいは、「道路公団の人が道路上に通行を妨げるゴミを発見して取り除こうとしている状態」とイメージしても正解である。

はてなブックマーク - マクロンさんのツイート なのでニセ科学批判アスペクラスタの連中とかで既婚の人たちはどうやって結婚したのかが気になる。彼らは自然科学分野でのリテラシー能力は無敵だがその代償02

 【私の感想】これは次のような考え方か。
 ・自分は感受性が高い人である。
 ・自分はニセ科学批判をしない人である。
 ・ゆえに、世のニセ科学批判者たちは感受性が低い人たちばかりという理屈になる。
 
 この場合、「感受性」の部分を次々に変えて主張すると、次々に勝ってしまうニセ科学批判批判ができるわけだ。
 「その勝ち方に何の意味があるの?」と思った読者様はともかく、そうでもない読者様は芸風の選択肢の一つに入れておこう。

yusokensaさんのツイート
 タバコは確かに肺がんの要因だが、排気ガスなどに比べると影響はわずかだ。ただ車に比べると止めることが容易い。これは大腸がんや胃がんがアルコールに比べてタバコの害は非常に少ないのにタバコばかりが強調されるのと似ている

NATROM さんのツイート
 @yusokensa ディーゼル粒子による日本の肺がん死亡は肺がん死全体の一割強とする論文もありました(喫煙は7割)。排気ガスの量は多くても直接吸い込むわけではないからでしょう。とは言え、おっしゃる通り、タバコのみならず大気汚染やアルコールについても注意喚起は必要ですね。

yusokensaさんのツイート
 確かに比較研究している論文は、見当たりませんね。
ただ、ディーゼルエンジンなどの排気ガスの量は桁違いに多いですから…別にタバコを擁護してるわけではなくて、大気汚染やアルコールについての注意喚起的なつもりで書いたのですよね

ublftboさんのコメント
 排気ガスに比べてタバコの影響はわずか、と言っていたのに…。

 【私の感想】なるほど、「タバコは肺がんの要因だ、しかし排気ガスなどに比べると影響はわずかだ」と述べて反論をもらい、「先ほどの主張はタバコを擁護していたわけではない、排気ガスなどを注意喚起するのが目的だった」と述べて議論を終わらせたわけか。
 即座にツッコミをもらい即座にイーブンへ持ち込むとは、見事な芸である。さっそくこの芸を、思考の真ん中にインプットしておく。

NATROM さんのツイート
 @sawataishi 「匿名ではツイートすることはあまり問題ではない。内容だけが基本的に大事」なのではなかったので?私の主張が欺瞞であるというなら、どの点がそうなのか、理路整然と説明すればよいのであって、「実名でもできるのか?」などと質問することではありません。

 【私の感想】なるほど、「ネット上での議論は主張の中身が重要である、匿名とか実名とかは関係ないのである」と述べたあと、他人と議論を行って次第に自説の不利を悟ると、「あなたの主張は匿名だからこそできる代物である、ゆえに私が真面目に取り上げる必要はないという理屈になる」と述べて締めくくる芸か。
 シンプルな芸なので明日からでも使用できそうだ。さっそくイメージトレーニングしておこう。
posted by TAKA at 18:08| ニセ科学批判批判に関するネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする