2014年11月30日

現代科学の常識に対する疑義をネット上で表明したくなったときは、自説をよく検討してから表明したほうが良さそうです

 poohさんのブログで「問題点の概観」という記事を読みました。
http://schutsengel.blog.so-net.ne.jp/2010-02-22-2

 そこでは、石田宗久記者による「代替医療は玉石混交」という記事が紹介されています。私は、次の部分に注目しました。以下に引用します。
 【大分県で死亡した女性は、昨年3月末からゴマや玄米を食べる食事療法の合宿に参加していた】
 【食事や水分を十分に与えられずに体重が10キロ減少、自力歩行ができないほど体調を崩したのに放置され、昨年4月上旬に急性肺炎で死亡した】
 【自称治療師は、取材に対し「私に責任はない」と話し、逮捕直前まで「診療」を続けていた】

 これを見た私は、柿やみかんに罵声を浴びせる実験の話題の近辺で見られた、次のような感じの主張を思い起こしました。
 「この実験について、『条件が適当すぎるし、再現性が低すぎるし、無意味な実験だ』と文句を述べる人が一部に居るようだが、世紀の大実験じゃあるまいし、いちいち細かいことを気にしてどうするのだろうか?」
 「というか、この実験がプロの科学者達が行う実験の水準に達していないことは、とっくに承知しているのだが」
 「条件が適当でも良いではないか。とにかくやってみせるという姿勢が大事なのだから」
 「それで正しい結果が出れば儲けものだし、駄目な結果が出たときは、そのときだ」
 「駄目な結果が出た原因を、みんなで考察すれば良いのだ」
 「そうすれば、無意味と思われたこの実験にも意味ができる」
 「さあ、そこのあなたも傍観せず積極的に参加して、条件が適当すぎる実験を一緒にやり遂げようではないか」

 この場合、科学的な実験を称せず、ことあるごとに「あくまで個人的な遊びの実験です」と強調しておけば、ネガティブなコメントを述べた人も納得し、それどころか積極的に参加しようとするかもしれませんね。
 しかしながら、柿やみかんが腐って終わる実験と違って命に関わるような怪しげな話をネット上で目撃したときは、積極的に参加しないで一歩引いた目で見ていたほうが良さそうです。
 特に現代医学を強く否定するような主張を目撃したときは、「本当の話なのかしら? 鵜呑みに信じた場合、私の命運が尽きるのではないかしら?」という感じで、五十歩、あるいは百歩ほど引きさがって見ていたほうが良さそうです。
・・・・
 ところで、石田宗久記者の記事によると、「現代医学を批難し、自身を地動説を唱えたガリレオに例えながら独自の治療を行う歯科医」も過去に存在していたらしいですね。
 「忘却からの帰還」というサイトに「ガリレオ詭弁」という記事がありますが、「この私の説は現代科学の常識を根底から覆す凄い説なのに、主流の学者達からは全く支持してもらえない。おかしいではないか」という思いが強くなりすぎると、どうしてもガリレオを引き合いに出して自説の正当性をアピールしたくなるのでしょうね。
http://seesaawiki.jp/transact/d/%A5%AC%A5%EA%A5%EC%A5%AA%EB%CC%CA%DB

 そういえば、NATROMさんのブログの「まさか今時ニュートンを否定している人なんていないですよね?」という記事によると、あの船橋市議会議員の高橋宏氏はニュートンやアインシュタインやダーウィンに否定的なツイートを披露していたようですね。
http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20141128

 私の場合、現代科学で常識とされていることを疑うこと自体は良いことだと思っています。しかしながら、いきなりトンデモな話に飛びつくのではなく、「なぜに現代科学の常識とされているのか? 現代科学の考え方は、どのような歴史を辿って仕上がったのだろうか?」という感じの疑い方が良いと思います。

 ちなみに私も「超科学」なる分野の言説を信じていた時期がありましたが(たとえば、コンノケンイチ氏のUFO本の内容を事実と受け止めて読んでいた。菊地聡さんの本、「超常現象をなぜ信じるのか」を読むまでは)、科学の歴史を学んでいるうちに現代科学の常識に対する疑いの気持ちが少しは減った次第です。

 現代科学に疑義を生じた場合、次のような感じの流れが良いと思います。
 「とりあえず、現代科学の常識と照らし合わせながら自説を検討してみる」
 「それでも現代科学のほうが間違っていると判断した場合は、満を持してネット上で疑義を表明する」
 「そして、ニセ科学批判者達から散々にツッコミをもらう」
 「すると、自分の主張こそ間違っているのかもしれないという思いに至るので、今一度自説を検討する」
 「それでも納得できない部分があれば、それについて疑義を表明する」
 「またしてもニセ科学批判者達から散々にツッコミをもらうので、自説を再検討し、納得できない部分について疑義を表明する」
 この流れを実行すれば、今ひとつだった自説がどんどん精錬されていき、ついにはニセ科学批判者達のツッコミを片っ端から跳ね返す強靭な説に変化すると思います。

 なお、これでは甘すぎると感じ、次のような疑い方が最善だと考える御方も居るかもしれません。
 「あれを疑え、これを疑え、それを疑え、全てを信じない態度こそ科学的だ、この世の事象を全て疑いながら私は人生を全うするぞ!」
 しかしながら、世の事象の全てを疑う態度に徹した場合、日常生活が困難なものになりそうですね。人知を超えた存在ならばともかく、そうでもない人は実践しないほうが無難です。
posted by TAKA at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月29日

ネタ話『hatekun_b氏の「全てを信じないのが科学」という主張を聞いて感心した懐疑主義者』

 その宇宙一の懐疑主義者を自称するAさんは、hatekun_bさんによる次の「はてなブックマーク」を発見しました。(2017年7月16日の追記:現在は、閲覧できなくなっているようです)
http://b.hatena.ne.jp/hatekun_b/20141129#bookmark-234959280
 >同意しかねる。全てを信じないのが科学
 >科学に「正解」「間違い」という概念はないし、定説は「まだ反証されていない仮説」に過ぎないので、オカルトとの本質的な差はない

 読み終えたAさんは、感心しました。
 「hatekun_b氏の言うとおりである。我々は、この宇宙にある数多の現象を、すべて疑ってかからねばならんのである」

 「たとえば、現在の私の頭上に星空が見えるわけだが、それを当然だと思わず、『あの星たちは、あのまま天に留まっているだろうか? この瞬間にも、あの星たちはファントムゾーンに飛び去ってしまうのではないか?』と疑ってかからねばならんのである」

 「また、この私は本当に地球に居るのかどうかも疑う必要がある」

 「そして、この地球は本当に宇宙に浮かんでいるのかとか、あの太陽は本当に銀河系を周回しているのかとか、銀河系は本当にアンドロメダ銀河と合体するのかなども疑う必要がある」

 「そうすると、空飛ぶスパゲッティ・モンスターのビール工場の実在性とか、」

 「特殊なサングラスをかけて紙幣を眺めると、宇宙人の陰謀の証拠が見つかる可能性もゼロではないとか、」

 「エルバッキーとニャントロ星人は、本当に関係が一つもないのかとか、」

 「細胞活性装置を身につけた喋るネズミと、加速装置をつけたサイボーグをごっちゃにして覚えているのではないかとか、」

 「それらも、片っ端から疑ってかかる必要がある」

 「このように、【何でもかんでも疑ってかかる姿勢】こそが、【科学する心】である」

 「おや、そんなことを言っていると、なにやら遠くのほうからケモノっぽいものが、もの凄い勢いで走ってくる」

 「どうやら、イノシシのようだ」

 「いや、待て。イノシシと決めつけてはいけない」

 「しかも、これは現実に起きていることではないかもしれない。あれは、幻ではないかな」

 「ふむ。やはり、イノシシっぽい物体が、私に向かって一直線にどんどん近づいておる」

 「このままだと、ぶつかるかもしれない。今のうちに身をかわすべきか」

 「いやいや、慌てず騒がず、じっと観察するべきだ」

 「なにしろ、この宇宙のありとあらゆる事象を疑ってみせる態度が【科学する心】なのであるからして、」

 「あの突進してくるイノシシっぽい物体も、私が脳内に作り出した幻にすぎないのかもしれないし、」

 「いや、それにしても近くで見ると迫力があるな、フゴフゴと鼻息が荒いな、体毛がごわごわしているな、とてもリアルなイノシシだな……って、うわっ、危ないっ!」

 【ドカッ】

 『教訓:この話は、hatekun_b氏の「全てを信じないのが科学」という考え方を押し進めると、もれなくイノシシにぶつかるということを教えています』

2014年11月28日

fuka_fukaさんのコメントから「分かりやすくボケてニセ科学批判者達に総ツッコミを入れてもらう方法」を思いつきました

 ある日、私は次の「はてなブックマーク」を発見した。
http://b.hatena.ne.jp/entry/twitter.com/ginga_station/status/533850830240116736

 fuka_fukaさんのコメントにインスピレーションしたので、以下にメモしておく。

 【前フリの段階】まずは、世のニセ科学批判者達の活動について熟知し、新たなブログを作って山ほど言及しておく。

 【ボケの段階】次に、自分の立場を表明する。「このとおり、私は世のニセ科学批判者達の活動について何ら関心を持っていないブロガーである」

 【ツッコミの段階】その後、ニセ科学批判者達から、「いや、めっちゃ関心を持っていますやん。あなたのブログは、ニセ科学批判に関する記事で占められていますやん」というコメントが一斉に寄せられたならば、ミッションコンプリートとなる。

 これは良いボケ方を知った。読者の皆様も、ブログを運営している際に、「この辺で一つ、分かりやすくボケてニセ科学批判者達から総ツッコミをもらう必要がある」という思いに至ったときは、この方法を選択肢の一つに入れておこう。
(追記)
 つい先ほどginga氏のツイッターを訪れてみると、EMに関するツイート群が見つかった。その中でも、次のツイートが印象的だった。
https://twitter.com/ginga_station/status/533862080617512961

 これもまた、見事な手法である。
 ・まずは、ツイッターで何度もEMに言及しておく。
・その後、次のように結論する。「というわけで、EMの話題には一切触れず、放置に徹する態度が賢いと言える」
 ・するとニセ科学批判者達から、「いや、放置の態度に徹しきれていませんやん。あなたは、いくつかのツイートを費やしてEMに言及していますやん」というツッコミを一斉にもらうことが可能となる。

 今後のginga氏はニセ科学の話題に言及しないらしいのだが、惜しいことである。
 あの第三者で傍観者的な立場で、「EMを肯定する側も否定する側も、私から見れば似たようなものだ。どっちもどっちである」と続けていたならば、常勝のニセ科学批判批判者への道を順調に歩まれたかもしれないのである。

2014年11月27日

『比嘉氏のEMを擁護する理屈を罵倒芸に応用して完全勝利を得る方法』

 ある日、私は次の二つのツイートを発見した。
 (NATROMさんが2013年04月29日に披露されたツイート)
https://twitter.com/NATROM/status/329014188250890240

 (PKAnzugさんが2013年04月30日に披露されたツイート)
https://twitter.com/pkanzug/status/329017937543450624

 読み終えた私は、「ここで話題になっている比嘉氏の理屈を罵倒芸に応用すると、どのようになるか?」と考えた。以下に、思いついたことをメモしておく。

 ・まずは、罵倒芸のブログを作る。罵詈雑言で占められた記事を好きなだけ作り、片っ端からアップする。

 ・すると、礼儀を重視する論者達が現れて、散々に苦言を呈してくる。

 ・それらを拝聴した上で、次のように申し開きする。

 「私の罵倒芸の最終目的は、世の全ての礼儀を重視する論者達と相互理解に達することである」

 「今はまだ、その途上だったりする」

 「私の罵倒芸を最後まで見届けた将来には、『一見すると思いついたままに罵詈雑言を書き連ねている酷い有様のブログだが、その実はネットマナーを愛する清廉なブログであったか』という感じで、ほとほと感心することができる」

 「そういうわけなので、あなた方は批判をやめて沈黙を保ち、しばらく私の罵倒芸を見守っていただきたい」

 ・これを聞いた礼儀を重視する論者達は、納得して帰る。

 ・騒動が収まったので、後は余生が尽きるまで罵詈雑言をブログ上で述べ放題である。

 これで、罵倒芸ブロガーの完全勝利となった。この理屈のどこかに致命的な穴があるような気もするのだが、今日はここまでにしておく。

 以上、「比嘉氏のEMを擁護する理屈を罵倒芸に応用して完全勝利を得る方法」であった。

2014年11月26日

jigen_the3さんの「歪なサイコロ」の例えに感心する

 「Togetterまとめ」の「罵声を浴びせたら柿やみかんが早く腐るのか実験するよ!」のコメント欄に、jigen_the3さんという御方が登場されている。私は、次の二つのツイートに注目した。
http://togetter.com/li/742706#c1674225

http://togetter.com/li/742706#c1676164
 (以下、引用)
 >理系の人間が批判しているのは「実験の体をなしていない」からじゃないの?
 >例えるならサイコロの特定の目が出る確率は1/6で有ることはよく知られているが、再現実験と称して素人が適当に作ったサイコロで1/6以外の結果が出れば、サイコロの出来やサイコロの投げ方に問題があったのではと批判される様なもの
 >科学的には再現性って普通の人が思っているよりも条件が厳密だと言うことだと思うのだが?

 >なかなか真意が伝わらないなー
 >実験をすることはいいんだが、先の例で言えば「歪なサイコロ」に気が付かなければ、何万回サイコロを振っても正解の1/6は導かれない
 >そこから始めないと意味の無い実験になってしまうと思うのだが?

 読み終えた私は、なるほどと思った。
 プロの科学者が実験を行う場合、他の科学者達からのツッコミを少しでも減らしたいがために、予め「これでもか!」とばかりに実験の条件を厳しくしているわけだ。
 一方で素人が適当に行った実験は、公開した途端にニセ科学批判者達から「これでもか!」とばかりにツッコミが入るわけだ。
 jigen_the3さんによる歪サイコロの例えは、実に分かりやすかった。私は大いに感心した次第である。

 ところで、maemoto_moriyaさんという御方のコメントが気になった。
http://togetter.com/li/742706#c1676283
 (以下、引用)
 >実験者さん自身がある程度、歪だと理解・宣言してるように見える
 >精密なダイスを持つ者しか実験してはならないってことは無いでしょう
 >サイコロキャラメル程度の歪さなら、およそ1/6の結果が出れば意義があると思うし、片寄った理由の考察がきちんと出来るなら、実験の意味はできる

 どうやら、「精密なダイスを持つ者しか実験してはならない」という趣旨のコメントを投稿した人が居たらしい。
 jigen_the3さんの場合、「実験を行うこと自体は良い。ただし、条件の瑕疵に気がつかないまま実験を行っても、正しい結果は得られない」という感じのコメントを述べているが、「精密なダイスを持つ者しか実験してはならない」とは言っていない。

 それでは、どなたのコメントのことかなと思って探したが、該当するコメントを見つけることはできなかった。
 画面の表示に不具合が生じているのか、 それともアカシック空間の彼方に消え去ったのか。結局、「精密なダイスを持つ者しか実験してはならない」という趣旨のコメントの所在は謎のままである。

 ところで、リンク先のTogetterでは条件が適当な実験を好評する御方が多いようだ。
 おそらく、「条件が適当でも良い。とにかくやってみることが大事なんだ」という考え方で数々の成功を収めてきたのだと思われる。

 読者の皆様も、この考え方を日常の至るところで応用して成功の人生を送ろう。たとえば、会議の場面ならば次のような感じである。
 「ここにお集まりの皆さんは、私が適当に考えたプロジェクトを杜撰だと批判するが、やってみなければ杜撰かどうか分からないではないか」
 「なに? どう考えても、駄目な結果が出ることは目に見えているだと?」

 「ふむ。駄目な結果が出たときは、そのときである。駄目だった原因を、私と皆さんで時間をかけて考察すれば良い。そうすれば、無意味と思われたプロジェクトに意味ができるのだ」
タグ:罵声実験

2014年11月24日

e8o氏のコメントから思いついた、「自分は議論を中止すると宣言したが、なおもニセ科学批判者たちが議論を続けようとした場合に、見せてあげられる4つのリアクション」

 ある日、私は次の「Togetterまとめ」を発見した。
 『「CTがメンテ中」は見え見えの嘘なのか?

 気になる部分があったので、以下にメモしておく。

 ・まずは、ニセ科学批判者たちが集うブログに乗り込んで議論した後、自分が次のように宣言したとする。
 「あなた方は、私の話をマトモに聞こうとする気が全くない」
 「その証拠に、あなた方は反論のための反論に終始している」
 「これ以上は私の時間を無駄に消費するだけであり、よって議論を中止する」

 ・このように宣言してもなお、ニセ科学批判者たちが反論してきた場合のリアクションは、如何にあるべきか?

 【リアクション、その1】
 ・宣言したとおり、ニセ科学批判者たちとの遣り取りは行わない。寄越された反論の内容も読むことはなく、一切スルーの態度を貫く。

 【リアクション、その2】
 ニセ科学批判者たちの反論の内容に興味を覚えて、一旦は再反論のコメントを準備するが、
 「いや、待て。先ほど私は、ニセ科学批判者たちが駄目すぎて議論を続ける価値がないと判断したからこそ、議論を中止すると宣言したのだ」

 「ということは、ここで再反論を行ってしまうと、私の負けになるわけだ」

 「しかしながら、再反論しない場合は私の勝ちとなる」

 という思いに至り、再反論しないで沈黙を保つ

 【リアクション、その3】
 次のような感じで疑問を呈する。
 「意味がよう分からん

 「ついさっき、私は議論を中止すると高らかに宣言した」

 「それにもかかわらず、なぜにニセ科学批判者たちは議論を続けようとするのだろうか?」

 「この私が議論を中止すると宣言したのだ、よってニセ科学批判者たちには永遠の沈黙を保つ義務が発生するのだ、という理屈が成立しているわけなのだが、」

 「ニセ科学批判者たちにおかれては、ちゃんと自分が何様であるかを把握しておられるか?

 【リアクション、その4】
 次のような余裕の態度を披露する。
 「フォッ、フォッ、フォッ。ニセ科学批判者たちめ、またしても反論のための反論を寄越してきおったわい」

 「だがしかし、その悔しい気持ちは理解できるぞよ」

 「なにしろワシの主張は、かなり痛いところを突いておったからのう」

 「さすがのニセ科学批判者たちも、まともな反論が何ひとつできないために、形だけの反論を行って己の負けを必死にごまかすしか方法がなかったわけじゃ

 「目先の勝ち負けこだわる諸君の姿は、哀れを誘うのう。フォッ、フォッ、フォッ」
・・・・・
 とりあえず、この4つのリアクションを思いついた次第である。

 ちなみに、『「CTがメンテ中」は見え見えの嘘なのか?- Togetterまとめ』におけるe8o氏の場合は、次のようなリアクションを選択した模様である。

 『NATROM氏との議論を中止すると発言した後、NATROM氏の意見に反論する

 この場合、聴衆から次のようなツッコミをもらうことが目的だった可能性がある。

 「議論を中止すると宣言しておきながら、中止していませんやん……。むっちゃ、続ける気が満々ですやん!」

 読者様も、ニセ科学批判者たちと議論している途中で、
 「この辺で一つ、分かりやすくボケてツッコミをもらっておかねばなるまい」
 と思ったときは、
 「議論を中止すると宣言した後、相手の意見に反論する」
 という行動を披露してあげよう。

 「それはちょっと無理です」と思った御方は、「なにやら攻撃的なツイートを見せている論者が居るようだが、とりあうつもりはない
 と発言した後で、とりあってあげるという行動を選択しても良い。