2017年01月29日

笑いと勝利を同時に取れる論者になるためのメモ、その8

 ブログ主である。今回もまた、楽しくボケる方法の参考になる記事を、いくつか見つけたのである。
 これを漫画の「銀の聖者 北斗の拳 トキ外伝」に登場するジードさん風に言い表すと、
 「たのしい たのしい めものじかんだ」となる。

 NATROMさんが2017年01月27日に公開されたツイート
 @fukutyonzoku 「この論文の結論は『ハナホゲラ』ではありませんか?」と質問されたので「『ハナホゲラ』をどのような意味で使っているのか教えてください」と確認したようなもんです。

 NATROMさんが2017年01月27日に公開されたツイート
 @fukutyonzoku そしたら、質問したほうが『ハナホゲラ』という言葉の意味をわかっておらず、
 しかも「『ハナホゲラ』がダメならあなたならどう訳しますか? それを示してから文句を言うべきでしょう」とか逆切れされました。

 私の感想:「なるほど、分かりやすく昔の歌にたとえると、」
 『♪僕のアダナを知ってるかい? ♪朝刊太郎というんだぜ
 「と歌ってみせて、若い人から、」
 『それって、なんの歌ですか?』
 「と聞かれた際に、」
 『まったく、最近の若い者はすぐにこれだ、自分で歌のタイトルを調べようともしない、そういう私もなんの歌か知らん』

 「という感じのやり取りをしていたのか、メモメモ」

 NATROMさんが2017年01月27日に公開されたツイート
 @fukutyonzoku がん検診の疫学に詳しくなく医学論文を読む能力もないのに議論に参加した挙句、
 他人に対して「恣意的引用?」「理解していない」などと仰った方に混乱の原因があると思います
 [ http://d.hatena.ne.jp/NATROM/00170124#p1… ]。

 私の感想:「なるほど、医学論文を読む能力がない状態で議論に参加して、」
 『NATROMさんの主張は恣意的だ、NATROMさんは医学を理解していない』
 「と述べると、NATROMさんから笑いが取れるわけだ、メモメモ」

 はてなブックマーク - 窓際記者の独り言さんのツイート @NATROM ? 提示されたページに飛んで、そこに出てきた文章が「本文」だと思うに決まっているでしょう。それは、あなたが提示したつもりのページが、契

 ublftboさんのコメント
 元々の意味での逆ギレ。段々かわいそうに……はならんな。
 そもそも専門的な議論で、医学の専門家に立ち向かっているのだから、相応の対処をされてしかるべきでしょうよ。

 私の感想:「なるほど、今回の窓際記者の独り言さんの姿は、ublftboさんとしては因果応報という状態に見えるわけか」

 「ちなみに、あの漫画の『北斗の拳』においては、」
 「トキさんの医学を超えようと決意し、木人形(デク)を使って研究の日々を送るも、」
 「いつしか自分の医学知識を過大評価し始め、」
 「未完成な医学の状態でケンシロウさんに立ち向かい、やはり敗れてしまったアミバさんの姿ですら、」
 「私たちは同情する気持ちが起きてしまうわけだが、」

 「今回の窓際記者の独り言さんと比べた場合、どのあたりが異なっているのか、その答えを見出して思考に組み込む必要がある、メモメモ」

 はてなブックマーク - 窓際記者の独り言さんのツイート @NATROM あなたは自分が提示したランセット論文を正しく読めてますか? 前にも指摘しましたが、あの論文は細胞診とHPV検診の比較であって、細胞診と併用

 ublftboさんのコメント
“あの論文は” て言っておいて、その後では、“有料論文を示して、それを契約している前提で話を勝手に進められてもねえ。” と。なかなか。

 私の感想:「なるほど、ということは、あらかじめ、」
 『あの論文は有料である、ゆえに私は読まないのである』
 「と述べたうえで、」
 『NATROMさんの言っていることは医学的におかしいのである、あの有料の論文を読んでいないから、そうなるのである』
 「と述べると、より完成されたボケ方になるわけだ、メモメモ」

 はてなブックマーク - 小山田浩史さんのツイート 「ニセ科学批判」の人たちの中には、「ニセ科学」を主張したり信奉する人たちへの「同情」の視線が無い場合もあるのがなあ。「ニセ科学は間違っている」ど

 私の感想:「ふむふむ、はてなブックマークでは小山田浩史さんの主張に対して批判的な意見が多いようだが、次のような意見を述べる人は今のところ居ないようだ」

 『ネット上でニセ科学批判批判を行っている人たちの一部には、ニセ科学批判を行っている人たちに対する「同情」の視線がない場合もあると、私は判断している』

 『そして、二セ科学批判の活動を支持して応援している人たちに対する「同情」の視線がない場合もあると、私は判断している』

 『というものも、これこれこのような理由により、うんぬん』

 「という感じの意見がなくて残念だったので、メモメモ」

 vitamine_085さんが2017年12月24日に公開されたツイート
この方のように、「自分達は良いことをしている」という認識がある人にとっては暴力にも近い、とは思えないんでしょう。
 大事な存在が消えかけている時には普段信じていない神様にも祈りだすのも人間ですよ。

 vitamine_085さんが2017年12月24日に公開されたツイート
 @magonia00 エセ科学を科学の方面だけからつぶしていっても完全ではないことが理解できない。
 感情を理性の下におく。そんなに人間は合理的じゃないです。

 vitamine_085さんが2017年12月24日に公開されたツイート
 @magonia00 人間への洞察力に欠けているのではないか、と思う事がよくありますね。
 正しい、だけで誰もが動けば楽ですね。
 自らの優位性を確認したいがためにしていることもあるんでしょう。

 私の感想:「なるほど、そのような考え方があったのか」
 「ならば今後は、これら3つのツイートの主語を『ニセ科学批判批判』に置き換えた場合に説得力が出るか否か、そこがポイントとなってくるわけだ」
 「たとえば、次のような感じの主張だ」

 『だれそれが行っているニセ科学批判批判についてだが、「自分は良いことをしている」という認識で行っていると私は判断した、というのも、これこれの理由により、うんぬん』

 『世のニセ科学批判者たちが時折見せるダメな主張に対して、感情を理性の下に置いたニセ科学批判批判でつぶしてまわっても、完全なニセ科学批判批判ではないと私は考える、というものも、うんぬん』

 『このネット上において、「ニセ科学批判者たちへの洞察力」が欠けているのではないかと思われるニセ科学批判批判を、私はよく見かける、具体的には、うんぬん』

 『ニセ科学批判批判を行っている人の一部には、「自らの優位性を確かめる」という目的で行っている人も居るのではないかと私は推測している、というものも、うんぬん』

 『というわけで、「正しいだけのニセ科学批判批判」を見せて世のニセ科学批判者たちの心が動くのであれば、こんなに楽なことはない』

 「このような感じで主張を展開した場合、ネット上でニセ科学批判批判を行っている人の大半が納得してくれるのかどうか、その答えを見出して思考に組み込んでおくこと」

 はてなブックマーク - 「さしたる根拠は示しませんが、ニセ科学批判者はニセ科学問題が飯の種なので解決を望んでいない」と言ってもいいですか? - 思いつきのメモ帳

 type-100さんのコメント
 一時期の大槻教授とか山本弘氏とか、割りとニセ科学批判で食ってたと思うけど。

 私の感想:「なるほど、一時期の大槻教授と山本弘さんについては、ニセ科学批判で割りと食っていたという事実があったのか」

 「しかしながら、それが本当のことだったとしても、『どことなく物足りない主張だな?』と思ったので、今から私が次のように主張しておく」

 『一時期の大槻教授と山本弘さんがニセ科学批判で割りと食っていたことと、【ニセ科学批判者はニセ科学問題が飯の種なので解決を望んでいない】という主張は、イコールである』

 『それゆえに、パラレルワールドも含めたすべての宇宙空間と、遠い過去や遠い未来を含めたすべての時間に存在しているニセ科学批判者たちは、ニセ科学問題の解決を望んでいないといえる』

 「このように述べると、中身についてはともかく、表面的には論理的に隙のない主張に見えるので、格好がよい」

 キングコング西野氏の「絵本無償化問題」問題点を整理する - 今日も元気に問答御用
 記事から引用
 西野氏が音頭を取り、数多くのクリエイターの手で作成した絵本が商業的に大成功、それがまぐれ当たりだと表明することは、
 「自分を助けてくれた人たちの実力は大したことないのに、運が味方した」という意味です。
 私には不愉快でした。

 参加メンバーと西野氏の関係がすでに、西野氏の謙遜に彼ら彼女ら巻き込んでいい程度の「身内」なのだとしたら*4、
 この点も文句を付ける筋合いはないところです。実状は、どうなんでしょうか?

 私の感想:「なるほど、前フリとして、」
 『自分が音頭を取り、数多くのクリエイターたちの手で絵本を作成し、商業的に成功する』
 「そのあとで、」
 『これはまぐれ当たりです、なぜならば、自分を助けてくれた人たちの実力は、大したことがないからです』
 「と述べて落とすというボケ方があったのか、メモメモ」

 賛否両論!「えんとつ町のプペル」無料公開―キングコングにしのあきひろは「お金の奴隷解放宣言」|ついラン
 記事から引用
 さらに「無料とは言いつつも、掲載するサイトにはアフィリエイト広告がわんさか」だという。

 私の感想:「なるほど、前フリとして、」
 『人間が幸せになる目的として発明した銭に支配される状態はおかしいのです、ゆえに私は今から絵本を無料で公開します』

 「と述べたあと、アフィリエイト広告があるウエブサイトを作って公開し、それを見た読者から、」
 『いや、あなたも銭に支配される状態から脱しきれていませんやん』

 「とツッコミをもらう方法があったのか、メモメモ」

 はてなブックマーク - キングコング西野さんと「プログを炎上させるための3つの要件」 - いつか電池がきれるまで

 netafullさんのコメント
 “(1)自分の問題点を謝罪し、訂正することができない (2)後付けで「真意」を説明しようとする (3)誰かひとり(あるいは、特定の集団)を見せしめにして批判する”

 私の感想:「なるほど、その三つが炎上するポイントとして紹介されていたのか」
 「ということは、次のような態度を見せても炎上するか?」

 『自分の問題点を素直に訂正して謝罪したあと、「批判されても逆ギレしない私ってば、すごいっ」と言ってドヤ顔を決める』

 『読者からの批判が殺到したことに驚いて、慌てて「真意」を説明しようとしたところ、慌てすぎて後釣り宣言」してドヤ顔を決めてしまった』

 『だれかしらを見せしめにして(たとえば炎上商法について批判的に取り上げる声優アニメの監督など)、読者たちの関心をそちらに誘導してあげようとしたところ、間違って自分自身を見せしめにしてドヤ顔を決めてしまった』

 「ふむ、これら3つの態度を見せて本当に炎上するかどうか、答えを見出しておく必要がある、メモメモ」

 おぎやはぎ矢作、キンコン西野が物議を醸すことはもはや当然となったと指摘「西野を批判する様な凡人になりたくない」 | 世界は数字で出来ている

 私の感想:「なるほど、哲学者である適菜収さんが行った次の主張、」
 『日本では今、伝統行事を古臭いものとしてぞんざいに扱うようになっている。たとえば、ひな祭りや端午の節句などである』
 『一方で、ハロウィンなど外国の行事を喜々として行っている』
 『そのハロウィンにしても、コスプレ好きがストレス発散のために騒いでいるだけでる』
 「これに対して、西野さんは、」

 『そんなこと言ってるけど、端午の節句もひな祭りも、ルーツは中国だよ』『哲学者かなんだか知らねぇけど、ちゃんと勉強した方が良いよ、と思わずにはいられない』
 「と発言したのか」
 「この話題に対して、小木さんと矢作さんは、」

 「これは西野がダサい」
 「俺らもハロウィンをバカにするけど、批判はしていない。すぐに揚げ足をとって正論を振りかざすのは、ダサいヤツ」

 「という評を下したのか」

 「つまり、『すぐに揚げ足を取って正論を振りかざす行為は、ダサい行為である』と定義しておき、『ゆえに、ハロウィンをバカにするだけで済ませた我々の行為は、ダサくない行為といえる』と結論する構造の主張か」

 「そして小木さんと矢作さんは、次のようにも考えているのか」

 『今回の哲学者に対する西野さんの発言を取り上げて批判する行為は、我々から凡人と認定されるに値する行為である』

 『なぜならば、揚げ足取りと正論が西野さんの職業であり、揚げ足取りと正論が西野さんの人間性であると、我々は考えているからである』

 『哲学者の主張に揚げ足取りと正論で返した西野さんの態度を、普通に取り上げて普通に批判する行為は、小木さんと矢作さんから凡人と認定される行為であり、ダサいと評される行為である』

 『今回の哲学者に対する西野さんの発言を取り上げて批判する行為は、普通すぎてイヤという結論が導き出される』

 「ふむ、この小木さんと矢作さんの考え方は、長年にわたって西野さんの言動を見てきたゆえのものか、あるいは、」

 『西野さんの発言を普通に取り上げて普通に批判することなど、我々には到底できないのだ』
 『我々は芸人なのだ、面白おかしく取り上げて視聴者に笑ってもらうことが仕事なのだ』
 『普通に批判の言葉を述べて済む一般人とは、事情が異なるのだ』
 「という考え方を持っているゆえか?」

 「どちらがより真実に近いのか、今のところ判明しないが、少なくとも、」
 『哲学者の主張に正論と揚げ足取りで返した西野さんの態度を、普通に取り上げて普通に批判する行為は、小木さんと矢作さんから凡人と認定される行為であり、ダサいと評される行為である
 「という情報は私にとって新しい知見だったのでで、メモメモ」
・・・・・
以上でメモを終えるとする。今回も、笑いと勝利を同時に取れる論者に一歩近づいた手応えがあった。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446420002
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック