2015年12月30日

技のネタ『ニセ科学的ポットホール』

 「ニセ科学的ポットホール」とは、ある罵倒芸の隠者が「ポットホール(甌穴)」をヒントにして開発している技である。

 完成の暁には、「科学的に間違っている主張を何万回も述べて、ニセ科学批判者たちの主張に少しずつ穴を開けていく」という効果を発揮する。

 実際のネット上の議論を幾つか眺めていると、「とっくの昔に論破されているニセ科学的な主張にもかかわらず、今日もまた何事もなかったかのように普通に主張してドヤ顔で締めくくる」という芸風の論者の姿を目撃することがある。

 それを見たニセ科学批判者たちは、「壊れかけのテープレコーダーか」と呆れて去るわけだが、そうでもない人は、「確かに荒唐無稽な主張だが、そういう主張こそ真実だったりする」と判断して支持者となる。

 しばらく時が経った頃、支持者の数が信じられないくらいに増えていたりする。
 多くの人が、科学的にデタラメな主張を繰り返し行っていた論者を「頼れる賢者だ」と認識している。多くの人が、科学的にデタラメな説を「本物の科学だ」と認識している。

 科学的にデタラメな主張が社会の常識となっている。科学的にデタラメな主張を取り入れたインフラが、国の隅々に整備されている。

 科学的にデタラメな主張で作られた宇宙船が旅立つ。
 「惑星モンダスを目指すぞー」
 「不老不死の体を手に入れるぞー」
 「おや、間違ってバッツーラの星に着いたようだ?」
 「まあ良い。おそらくモンダスと似たような星だろうから」
 「さて、どんな歓待を受けるかな? ワクワク」

 それを見たニセ科学批判者たちは、
 「しまった、あの時にもっとツッコミを入れて、あの論者の主張のニセ科学性を一般市民達に広く知らしめておくべきだった」と後悔し、
 急いで対抗言論を掲げて啓蒙に努めるも、一般大衆はノーリアクションで答え、
 それを確認したニセ科学批判者たちは、
 「ああ、もはや我々のニセ科学批判活動は焼け石に水なのだ」と悲観し、一斉に引退を表明してネットの果てにある竹林に身を隠すことになる。

 この場合、隠棲したニセ科学批判者たちは「ニセ科学的ポットホール」に近い技を受けた可能性が高いのだという。

2014年12月26日

技のネタ『個別の話に一般論を投げて完全否定するドレインパンチ』

 「個別の話に一般論を投げて完全否定するドレインパンチ」とは、ある罵倒芸の隠者がポケモンの技である「ドレインパンチ」をヒントにして開発している技である。

 完成の暁には、次のような効果を発揮する。
 「個別の話をしている人に向かって一般論を語ってあげた後、『よってあなたの主張は完全に誤りだと言える』と結論してあげて、議論の勝ちを自分のほうに吸い寄せる

 この技は、議論の相手が具体的で細かい話を語っていたときに使用すると効果的である。

 たとえば、ニセ科学批判者が身近で起きたニセ科学被害の話を述べているときに、
 「そのような話をしても無駄である」
 「この国の至る所で、あなたの話と全く同じニセ科学被害が発生しているわけでもないのだから」
 「この国の全ての民にとって、あなたの話は特殊すぎて何の参考にもならないのだ」
 と述べると、議論の勝ちを自分のほうに吸い寄せることができる

 また、ニセ科学批判者が国の規模でニセ科学被害の話をしているときは、
 「そのような話をしても無駄である」
 「この地球の至る所で、あなたの話と全く同じニセ科学被害が発生しているわけでもないのだから」
 「地球に住む全ての人類にとって、あなたの話は特殊すぎて何の参考にもならないのだ」
 という感じで反論すると、議論の勝ちを吸い寄せることができる。

 そして、ニセ科学批判者が地球規模でニセ科学被害の話をしているときは、
 「そのような話をしても無駄である」
 「この銀河系の至る所で、あなたの話と全く同じニセ科学被害が発生しているわけでもないのだから」
 「銀河系に住む全ての知的生命体にとって、あなたの話は特殊すぎて何の参考にもならないのだ」
 という感じで反論すると、議論の勝ちを吸い寄せることができる。

 この他にも、「しかしながら宇宙全体で考えてみるならば」とか、
 「しかしながらパラレルワールドを考慮に入れるならば」とか、
 「しかしながら、遠い過去と遠い未来を含めたすべての時間においては、云々」という感じの反論を行った場合でも、
 相変わらず議論の勝ちを自分のほうに吸い寄せることが可能である。

 実際にネット上で行われている議論を幾つか眺めていると、
 「まずは誰かが身近で起きた小さな出来事を語り、次に一般論を述べる者が現れて完全否定し、
 それに聴衆が賛同し、身近な出来事を語った最初の人が、
 【そんな大きな話を私の小さな話に覆い被せて否定するなんて】と失望しながら消え去る」
 という流れを目撃することがある。

 この場合、「個別の話に一般論を投げて完全否定するドレインパンチ」に近い技を使用された可能性が高いのだという。

 読者様も、今後は「個別の話に一般論を投げて完全否定するドレインパンチ」を意識しながらネット上の議論を眺めてみよう。

 「あれは違う技のようだ」とか、「おや、今度は『個別の話に一般論を投げて完全否定するドレインパンチ』に近い技を使用したようだ。効果は今ひとつのようだっただが、全くの無駄技とも言えないようだ。聴衆の中から、支持を表明する人がボツボツながら現れている」
 という感じで眺めることができる。
(関連記事)
 技のネタ『一般論ドレインパンチ』
ラベル:ポケモン

2014年12月06日

技のネタ『日常の体感レベルで正しいマドハンド』

 「日常の体感レベルで正しいマドハンド」とは、ある罵倒芸の隠者がドラゴンクエストの「マドハンド」をヒントにして開発している技である。
 完成の暁には、次のような効果を発揮する。

 ・まずは、あるブロガーが自分の個人的な体験談を一般化して語ってドヤ顔で締めくくるという記事をネット上に公開し、それを見た「過度な一般化に疑問を持つニセ科学批判者」からツッコミが入る。

 ・すると、『ブロガー様の一般化は正しい。なぜならば、この私の日常における体感と合致するからだ』というコメントが出現する。

 ・その後も、「過度な一般化に疑問を持つニセ科学批判者」がツッコミを放てば放つほど、「この私の日常における体感と合致するので正しい」というコメントが次々と現れる。

 ・見る間にツッコミの対象が増えていくという予期せぬ事態に、「過度な一般化に疑問を持つニセ科学批判者」は疲れ果てて退散する。

 ・過度な一般化を行ったブロガーの勝利が確定する。
・・・・・
 ネット上の議論を幾つか眺めていると、一人のニセ科学批判者が、「個人の体験談を直ちに一般化して結論を導き出すことは良くない」
 「たとえば、『ユーザーの肯定的な体験談が山ほどあるのだからマイナスイオンはニセ科学ではなくマトモな科学と看做して良いのだ』などという考え方はよろしくない」
 「個人の主観的な印象と客観的な事実をごっちゃにせず、きちんと区別して考えることが大切だ」
 と述べると、
 「そうでもない。科学的云々はともかく、我々一般人の日常の体感レベルでは正しいのだから、問題はない」
 という趣旨のコメントが大量に出現することがある。
・・・・・
 この場合、「日常の体感レベルで正しいマドハンド」に近い技を使用された可能性が高いのだという。

 読者様も、過度な一般化を行った論者に対してツッコミを入れた後に聴衆から次々と反論されて困惑しているニセ科学批判者の姿を目撃した際は、
 「あなたは、『日常の体感レベルで正しいマドハンド』に近い技を使用されたのです」
 「このまま多勢を相手に一人でツッコミを入れ続けても、消耗するだけです」
 「ツッコミをやめて多勢に同調したほうが、精神的なストレスが少なくて済みますよ」
 と教えてあげよう。

2014年08月16日

技のネタ『逆切れマヌーサ』

 「逆切れマヌーサ」とは、ある罵倒芸の隠者が、「ドラゴンクエスト」に登場する魔法の「マヌーサ」をヒントにして開発している技である。

 完成の暁には、「空振りのツッコミを披露し、議論の相手から誤りを指摘された後、逆切れしながらごまかして議論の負けを防ぐ」という効果を発揮する。

 ネット上の議論を幾つか眺めていると、次のような論者の姿を目撃することがある。

 ・まずは、専門的な科学の話を交わす人々が集う場に乗り込み、自信満々でツッコミを放つ。

 ・ところが、逆に総ツッコミをもらってうろたえる。

 ・そうこうするうちに、自分の主張に誤りがあったことを、薄々ながら認識する。

 ・しかしながら、「素直に誤りを認めると、なぜか負けたような気がするから嫌だ」という思いが強くなり、誤りを認めない

 ・ただし、「誤りが明らかになった主張を続けることも嫌だ」という思いもある。

 ・そこで、次のように述べて場を収めようとする。
 『自分は科学の素人だ。不正確なことを言って、何が悪い』
 『単に私は、問題提起がしたかっただけだ。現に、世間の注目を集めたではないか』
 『なるほど、結果だけを見れば、この私が議論に敗れたように見えるかもしれない』
 『しかし、これもまた私が当初に予測したとおりの展開なのだ』

 『あえて私は幻の主張を作り出し、何度も空振りのツッコミを披露することによって、「あの御方は、何に向かって切り込んでいますの?」という感じで、一般大衆の注目を集めるという計画を立てていたのだ』
 『それは実行されて、成就した』
 『ゆえに、【今回の議論は科学素人である私の完全勝利でした(^^)v】という結論になる

・そのように述べた後、四方八方にドヤ顔を決めつつ議論の場から去る。

 この場合、「逆切れマヌーサ」に近い技を使用した可能性が高いのだという。
・・・・・
 読者様も、「議論の途中で私が相手の間違いを指摘すると、なぜか相手は開き直って言うに、
 『私は素人だ』『不正確なことを言って当然だ』『問題提起したのだ』
 『おかげで世間が多大な関心を寄せたではないか』
 『よって、あなたは私の蛮勇をありがたく思うべき立場なのである』
 という言葉を並べて消え去ったけれど、一体なんだったのかしら?」
 と不思議がる論者を見かけた際は、
 「それは、逆切れマヌーサに近い技を使用されたのですよ。あなたは、知らないうちに負けてしまったのです
 と教えてあげよう。

2014年05月20日

技のネタ『批判した後でねこだまし』

 「批判した後でねこだまし」とは、ある罵倒芸の隠者が、ポケモンの技である「ねこだまし」をヒントにして開発している技である。

 完成の暁には、「議論の相手が披露した主張を批判してみせた後、自分も似たような主張を披露して、相手を唖然とさせる」という効果を発揮する。

 この「批判した後でねこだまし」は、次のような感じで使用する。

 ・まずは、自分のブログで次のように主張する。
 『この世の中には、「つまらないブログの記事に『はてなブックマーク』を付けることは、よろしくない」と述べる人々が存在する』

 『しかしながら、つまらないブログの記事に『はてなブックマーク』を付けるか否かは、各個人が自由な判断によって決めることである』

 『というわけで、つまらないブログの記事に『はてなブックマーク』を付けても良いのである』

 ・その数日後、次のように主張する。
 『最近のネット上では、オチのない中途半端なdisの記事を普通に披露しているブロガーが存在する。嘆かわしいことだ』

 『そして、そのオチのない中途半端なdisの記事に「はてなブックマーク」を付ける人が大勢存在する。これもまた、嘆かわしいことだ』

 『一体どういう神経で、オチのない中途半端なdisの記事などに「はてなブックマーク」を付けているのであろうか?』
 『その理由を、ぜひとも聞きたいものである』
・・・・・
 この「批判した後でねこだまし」は、議論の相手を唖然とさせることが目的の技であるが、稀にツッコミを貰うこともある
 実際に、あのfujipon2氏も「批判した後でねこだまし」に近い技を使用して、meerkat_hatena氏からツッコミを貰っている。(2017年7月15日の追記:現在は、meerkat_hatena氏のツッコミが消えてしまっているようです)

 このように、「批判した後でねこだまし」は相手を唖然とさせることもあれば、ツッコミを貰ったりもするという、結果が不安定な技である。

 期待した効果が必ず出る技ではないために、博打思考の論者はともかく、そうでもない論者は、「批判した後でねこだまし」の使用を控えたほうが良いと言われている。
ラベル:ポケモン

2014年05月18日

技のネタ『葛藤しているカウンター』

 「葛藤しているカウンター」とは、ある罵倒芸の隠者が、ポケモンの技である「カウンター」をヒントにして開発している技である。

 完成の暁には、次のような効果を発揮する。
 「議論の相手から、主張の矛盾を指摘された際に、『私の主張に矛盾があることは、とっくに自覚している。そして葛藤している。それにもかかわらず、いまさら私の主張の矛盾にツッコミを入れるとは何事だ』と言い返して、相手のツッコミを無効化する

 この「葛藤しているカウンター」という技は、以下のような場合に使用すると効果的である。

 ・まずは、礼儀の論者であるAさんが、罵倒芸ブログに赴いて礼儀の重要性を説こうとする。

 ・しかしながら説得に失敗すると、Aさんは不機嫌な態度を露わにして、愚痴を散々に述べて、最後に毒吐きのコメントを残して退場する。

 ・その後、傍観者のBさんから次のように疑問を呈される。
 『礼儀を説きながら毒吐きのコメントを送るというAさんの行動は、一体どういうことなのか?』
・・・・・
 このような疑問を呈されたときが、「葛藤しているカウンター」を使用する良い機会である。
 いかに自分の言動の矛盾を指摘されようとも、「葛藤しているカウンター」を使用すれば相手のツッコミを無効化できるのである。

 たとえば、あのfujipon2氏が、「個人的な好き嫌いと正義を混同しているにもかかわらず、その本人に混同している自覚が無いって、駄目すぎなのでは
 という感じの発言を行った際に、meerkat_hatena氏から、
 「そのように仰るfujipon2氏ご自身も、個人的な好き嫌いと正義を混同して他人を批判していたことがある」とツッコミを入れられ、「ええ、それには私自身も葛藤しています」という感じで答え、見事にmeerkat_hatena氏のツッコミを無効化していた。

 このように、「葛藤しているカウンター」は相手のツッコミを無効化し、同時に自分の言動が矛盾していることも正当化できるという便利な技なのである。

 ただし、調子に乗って使用しすぎると、「他人の矛盾には厳しく、自分の矛盾には優しい。ダブルスタンダードな論者だ」という評価を貰う恐れがある。

 このような評価を貰うことが目的の論者ならばともかく、そうでもない論者の場合は、「葛藤しているカウンター」の乱用を控え、ここぞという時を見計らって使用しよう。
ラベル:ポケモン